〒612-8432 京都府京都市伏見区深草柴田屋敷町12-1
フレーヴァー藤森

☏ 075-606-1888

 

トップページ»  経過観察での一般的注意事項

 施術・手術・採血・処方薬等の経過観察

何かありましたら、些細なことであっても電話メール等にて連絡の程よろしくお願いします。

 

レーザー処置後の経過

レーザー処置後の創部はできるだけ、遮光と創部に刺激を与えないように注意してください。

洗顔洗浄等は問題ありませんがこすりすぎたり、創部が乾燥しないように注意してください。

軟膏及び肌色テープで処置していただく場合に、テープの張替えで肌が傷む場合には、無理しないで数日程度

貼付したままで様子みていただいても問題ありません。 


処置の手順等で不明な事がありましたら、来院・電話メール等にてお問い合わせの程よろしくお願いします。

 

手術後の一般的処置


担当医から特別のことわりがない限り、術後創部はシャワー等で洗っていただいても問題ありません。

湯船等たまった水の中に縫合した部位を浸すのは控えてください。

創部は特に消毒する必要はなく、軟膏が処方されている場合には、軟膏塗布して絆創膏等に被覆してください。

縫合処置した場合に、傷パワーパッド等のハイドロコロイドにて被覆すると糸とハイドロコロイドがくっついてしまうことがありますのでご注意ください。

消毒薬の使用は、消毒薬でかぶれることもありますので、流水でさらっとながしていただく感じで大丈夫です。

石鹸等を使用していただいて洗い流していただいてもOKです。


処置の手順等で不明な点がありましら、来院・電話メール等にてご連絡の程よろしくお願いします。

 

採血・点滴・静脈注射後の一般的処置

採血時・採血後何か変わったことがあれば連絡してください。

採血後は採血パッドにて圧迫していますが、採血時内出血しやすい方は反対の手で圧迫をお願いします。
(通常5分程度で十分とされています。)

採血部位は揉まないようにしてください。

採血直後は、採血した方の腕はできる限り使用しないようにしてください。

また、血流がよくなるような長風呂・激しい運動・お酒等は控えめにお願いします。

採血後、内出血が拡大してきたり、強い痛み、しびれ等が新たに出現するようでしたら来院の程よろしくお願いします。

採血時、血圧低下による脳貧血(めまい、立ち眩み、悪心、冷や汗等)が起こった場合には、数分程度で

回復しますが、落ち着くまで無理しないようしてください。


何か気になる事がありましたら、来院・電話メール等にてご連絡の程よろしくお願いします。

 

内服薬・外用薬処方での経過

内服および外用開始後、皮膚の状態が悪化したりすることがありましたら、内服・外用一旦中止して

ご連絡の程よろしくお願いします

今まで処方された薬で何か症状が出現した場合には、あらかじめ連絡の程よろしくお願いします。

当院との薬との相性をみるためにも薬手帳等今処方されている薬が分かるものの持参をお願いします。

下痢等をしている場合には、内服薬は吸収されませんので、一旦中止していただいて結構です。

湿布等を貼付した場合には、薬効成分が残っている間は、外した後も一定期間は紫外線に注意してください。


何か気になる事がありましたら、来院・電話メール等にてご連絡の程よろしくお願いします。